暇を持て余したよねのブログ

ゲーム、マンガ、お笑い、ITの話が中心です。

新人SEがコーディングをするときに気をつけるべき3つのこと

スポンサーリンク

 

f:id:yone1688:20170102214223j:plain

 

新人のみなさん、突然ですが

コーディングで苦労していないですか?

 

ぼくは文系出身で、入社直後の研修でプログラミングを少しだけ習い、配属後に四苦八苦しながらコーディングを担当したのを覚えています。

 

 

ぼくは現在2年目の途中です。

最初は苦労したコーディングも、今は自分の力だけで業務を遂行できるようになっています。

 

そんなぼくがコーディングを担当したときに気づいた、

新人SEがコーディングをするときに気をつけるべき3つのこと

を書きたいと思います。

 

 

 

コメントを書く

 

コメントを書く理由は色々ありますが、まず新人SEの人は、

次の日に自分でコードを見直したときに、コードの内容が理解出来るようなコメントを書く

ということを意識してください。

 

 

コーディングをしているときはコードの意味を十分理解できているかもしれませんが、次の日にコードを見たときに

あれ、このコードは何をしてるんだっけ?

というのはよくある話です。

 

 

あと、コメントを書くのは以外と難しいです。

いざコメントを書いてみようと思うと、思うようにキーが進まないと思います。

 

それは、

コーディングは基本的にコピペ、コードの意味はよくわからないけど、とりあえず動いたから良し

というようにコーディングをしているからです。

 

コードを理解できるようにコメントを書くためには、コードを理解している必要があります。

コメントを書くことで、自分のコードへの理解度も確認できます。

 

 

細かく動作確認

 

小さく作って、小さく確認する。

コーディングでは基本的な考え方です。

 

 

もし100stepコーディングを行ったあとにバグを発見すると、バグが潜んでいる可能性のある箇所は100stepが対象になります。

もし10stepコーディングを行ったあとにバグを発見すると、バグが潜んでいる可能性のある箇所は10stepが対象になります。

 

どちらの方がバグを見つけるのが簡単でしょうか。

もちろん、後者の10stepの方ですね。

 

上の話を見て、

10stepごとに動作確認をしていたら時間がかかりすぎるんじゃない?

と思われている方もいるでしょう。

 

もちろん時間はかかります。作業効率は下がります。

もし、あなたがコーディングでバグを全く埋め込まければ、動作確認を行った時間は全て徒労になってしまいます。

 

ですがぼくの経験上、

必ずバグは存在します。

特に新人が作ったコードには尋常じゃない量のバグが存在します。

 

なので、まずは

小さく作って、小さく確認

効率よりコードの動きを一つずつ丁寧に確認することを優先してください。

 

慣れてくれば動作確認の粒度を下げて、作業効率化をすればOKです。

 

 

エラーの内容を読む 

 

新人SEにありがちなこととして、

エラーの内容が読めない。 

というのがよりあります。

 

たしかにエラーの内容ってなんだか難しそうで、読んでも分からなそうですもんね。

ぼくも最初はそうでした。

 

ですが、

エラーは読みましょう。

というより、

エラーが読めないといつまでたっても成長できません。

 

 

そもそもエラーは、

コンピューターが我々にバグの原因となるヒントを教えてくれています。

 

windows、linux、oracleなど名の知れたもののエラー内容ならgoogleで検索すれば対処方法が出てきます。

 

あなたの会社で作っているシステムのエラー内容は設計書を見るか、周りの先輩に対処方法を聞いてみるといいでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

最後に

 

今回書いた内容はとても基本的なことです。

・コメントを書く

・細かく動作確認

・エラーの内容を読む

みなさんも一度は聞いたことがあることばかりだったと思います。

 

ですが新人SEは

基本的なことができていない

ことが多いです。

 

急がば回れ。

基本に忠実になるのが、コーディング力向上の一番の近道です。