暇を持て余したよねのブログ

ゲーム、マンガ、お笑い、ITの話が中心です。

PS4購入の決め手がほしい人に読んでほしい記事

スポンサーリンク

f:id:yone1688:20171022144237p:plain

 

2013年に発売されたPS4。

グラフィックの美しさ、豊富なゲームソフトから、歴代据え置き型ゲーム機の中でも屈指の人気を誇っています。

 

とはいえ、まだPS4を購入していない人はいると思います。

この記事では、そんな人たちのためにPS4購入のために考えるべきことを書いています。

 

スポンサーリンク
 

PS4の種類

 

まずはPS4の種類を説明しておきます。

基本的に下の3つのモデルからどれを購入するかを選ぶことになります。

 

  • PS4 Prio
  • PS4(通常版) HDD500GB
  • PS4(通常版) HDD1000GB

 

PS4 ProのHDDは1000GBです。

上の3つ以外にも「モンスターハンター限定モデル」のような限定モデルがありますが、今回の記事では比較対象外とします。

 

PS4の価格

 

ぼくはPS4を購入する上で最も決め手となるのは価格だと考えています。

なので、早速価格の比較を行います。

 

3つのモデルの価格はこのようになっています。

Pro 通常(500G) 通常(1000G)
44,980円 29,980円  37,900円

 

最も高価なProと通常版500GBで1万5千円の価格差があります。 

「3万円でPS4が買えるなら今すぐほしい!」

「Proが4万5千円で思ってたより安かった!」

と思って購入するモデルを既に決めた人は、記事の一番下にPS4のリンクを用意しているので今すぐアマゾンのサイトに行ってください。

まだ購入するモデルを決めかねている人は、もう少しお付き合いください。

 

モデル決定のために最初に考えること

 

一番最初の決定すべき点は

Proか通常版を選ぶことです。

 

となると、Proと通常版の違いを知る必要が出てきます。

まず、Proについて説明していきます。

 

PS4 Proのメリット

 

Proを買うメリットはただ一つ。

4k対応で解像度が綺麗になること

です。

 

「他にも色々あるんじゃないのか?」と思っている人がいるかもしれませんが、本当にこれだけです。

「ProじゃないとVRに対応していないとかないの?」と思っている人もいるかもしれませんが、VRはProじゃなくても遊べます。

 

とまあ、Proについて悪く書く気はありませんが事実なので。。。

 

とはいえ、4Kでゲームがプレイできるので、通常版PS4でも綺麗な映像がさらに美しくなります。

 

また先ほども書きましたが、ProのHDD容量は1000GBです。通常の1000GBとの価格差は7千円です。

大きな価格差ではないので4Kテレビを持っている人には、是非Proの購入を検討してほしいです。

 

通常版について

 

Proを購入する必要がないと考えたのなら次に選択するのは通常版のHDD容量です。

500GBが3万円、1000GBが3万8千円です。

 

容量が違うと何が変わるのかイマイチ分かっていない人は次の一つのことについて考えてみてください。

それは、ゲームソフトをどのように購入する予定なのかです。

 

お店やアマゾンでゲームソフトをパッケージで購入しようと考えているのなら500GB。

インターネットからダウンロードで購入する予定をしているのなら1000GBを選んでください。

 

カラーバリエーション

 

購入するモデルが決定したら最後は色です。

これはどのモデルにも共通していて黒か白を選ぶことになります。

 

最後に

 

PS4は映像がとても綺麗でゲームソフトも充実しているので非常におすすめの据え置き型ゲーム機です。

この記事がPS4購入のきっかけになり、一人でも多くの方にPS4の魅力を体験してもらえるとうれしいです。