暇を持て余したよねのブログ

ゲーム、マンガ、お笑い、IT、ガジェットのことについて書いています。

【PS4対応】アケコンの選び方 おすすめモデルを紹介!!


 

ゲームをプレイする上で、コントローラーはなくてはならない存在。

ゲーム機純正のコントローラーでプレイするのもいいですが、格ゲーなどを本気でやり始めるとアケコンは必須アイテムになります。

 

ですが、現在たくさんの種類が発売されていてどれを買えばよいか分からない人も多いと思います。

 

そこでこの記事では、アケコンを選ぶときにどんなことを考えて買えばよいのかいくつかポイントを紹介したいと思います

また、最後におすすめのアケコン商品を紹介しているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク
 

アケコン選びのポイント

 

アケコン選びにはいくつかのポイントがあります。

その中でもぼくが重要だと思うのは下の五つのポイントになります。

 

  • 入力遅延
  • アケコンの重さやサイズ
  • 静音性かどうか
  • デザイン
  • 操作性

 

これらのポイントについて順番に説明していきます。

 

入力遅延が少ない=強くなれる

 

「入力遅延」というのはボタンを押してからキャラクターが動くまでの時間差のことです。

ゲームをふつうに楽しんでプレイしている人はあまり気にしたことがないかもしれませんが、勝ち負けのつくゲームをガチでやっている人にとっては非常に気になるポイントです。

 

海外のサイトで機種ごとの入力遅延をまとめてくれていました。

f:id:yone1688:20180128144722j:plain

出典:http://www.teyah.net/sticklag/results.html

 

最も遅延のあるアケコンは、最も遅延のないアケコンよりも0.028秒の遅延があります。

60フレーム/1秒のゲームだと1フレームあたり約0.016秒なので1フレーム以上の遅延があることになります。

 

1フレームの差はある程度熟練したゲーマーににとっては感じることのできるレベルです。

相手の攻撃をガードしたはずなのに、なぜか攻撃を受けていたりと。

 

また、吉田研究所@世田谷さんではどれだけ入力遅延の感じられるのかをテストできるプログラムを作成してくれています。

自分が1フレームの差を感じ取れるか、是非テストしてみてください。

※テストはスマホからではなくパソコンから実施をお願いします。

フレーム差テスト

 

適切なサイズ・重さを選ぶように

 

大会などの出場を検討している人にとって重要なポイントになります。

自宅でしかアケコンを使わないという人は読み飛ばしてください。

 

アケコンを手に入れて、いざゲームをプレイするという時にはひざの上に置いてゲームをプレイすることになると思います。

というか、ひざの上に置いてゲームをプレイするようにしましょう。

 

ゲームの大会などに出場するようになると、常にテーブルがある環境でプレイできるとは限りません。

また、テーブルがあったとしても高さがまちまちになるので、プレイに支障がでたりします。

 

しかし、ひざの上はどの環境でも同じ高さなので、いつもと同じプレイスタイルでゲームができます。

環境によってプレイにばらつきが出にくくなります。

自分のひざの上に置きやすいサイズ、重さを考えて最適なものを選ぶようにしましょう。

 

静音性であるほど自宅でおもいっきりプレイできる

 

次のポイントはアケコンを操作しているときの音についてです。

正直、アケコンの音は結構うるさいです。

 

腕が上達したり、プレイに集中するほど操作を素早くなるので、余計に音がうるさくなってきます。

自宅の環境によっては、音量を気にしないといけない人もいると思います。

 

プレイ向上のために買ったアケコンなのに、音を気にして満足のいくプレイができなかったら本末転倒です。

発売されているアケコンの種類には静音性というものがあります。

こちらは通常のものに比べて非常に音が小さいです。

また、静音性でないものでも、音量の大きさは機種によって微妙に異なってきます。

 

好みのデザインだとプレイに集中できる?

 

アケコンが自分好みのデザインかどうかは、けっこう大事だと思います。

 

eスポーツとして大会に出場するようになると、負けることの許されない緊迫した場面でゲームのプレイをする機会が増えてきます。

こういう時は、単純な実力だけでなく、精神的な部分も勝つために重要なファクタになってきます。

 

自分のアケコンを見て心を落ち着け、集中力を高めることができれば少しでも多く勝つことができるかもしれません。

 

操作感は大事だが、、、

 

最後のポイントは操作感です。

 

私の経験上、特にレバーの操作感は重要になってきます。

繊細かつ素早い操作を求められるレバーの動きです。

ボタンについては押すか、押さないかの二つになることが多いです。

(ボタンにも繊細な動きが求められるゲームがあったらごめんなさい。。。)

 

操作感と言っているのは感度がよいかどうかということになってきます。

感度がよいほど、コマンドが成功したときの感覚を掴みやすいです。

一般的に操作感がよいと言われていても、自分に合うかどうかは別問題です。

自分にあった操作性のものを選ぶようにしましょう。

 

と、ここまで操作感の重要性について書きましたが購入前にどのアケコンが自分に合うかを吟味するのはなかなか難しいです。

自分がプレイするゲームをそれぞれのアケコンでプレイしてみないと、操作性の良さを確かめることができないからです。

 

おすすめのアケコンはこれだ!!

 

アケコン選びのポイントを踏まえて、私なりにおすすめのアケコンを紹介します。

 

マッドキャッツ TE2+

f:id:yone1688:20180128153511j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

対応機種 PS4/PS3
重量 3.34kg
サイズ 29.5 x 40.3 x 12.4 cm
価格 29,970円

 

プロゲーマーのスポンサーとしても有名なマッドキャッツから発売されている商品です。

うめはら選手やどきど選手と同じものを使いたいという人はこれを使いましょう。

スティックとボタンがゲームセンターで使用されている三和製なので、操作感が気に入る人も多いはず。

元々のデザインもかっこいいですが、鉄拳やギルティシリーズのフェイスプレートに取り換えることもできます。

 

 価格が約3万円と少々気になるところではありますが、現行発売されている中では最もおすすめのアケコンです。 

 

リアルアーケードPro.V HAYABUSA

f:id:yone1688:20180128155732j:plain

 出典:https://www.amazon.co.jp/

対応機種 PS4/PS3/PC
重量 2.2kg
サイズ 24.0 x 43.0 x 11.4 cm
価格 14,117円

 

マッドキャッツのアケコンと性能はほぼ同じですが価格が安い分、購入しやすいです。

価格、性能面のバランスからか、最も売れているアケコンの一つです。

また、マッドキャッツのものが3.3kgに対して、こちらが2.2kgという点にも注目してほしいです。

 

個人的にはデザインにもう少し力を入れてほしかったです。

 

 

リアルアーケードpro.v hayabusa サイレント

f:id:yone1688:20180128172951j:plain

 出典:https://www.amazon.co.jp/

対応機種 PS4/PS3/PC
重量 2.2kg
サイズ 24.0 x 43.0 x 11.4 cm
価格 18,000円

 

上ほど紹介したリアルアーケードpro.v hayabusaの静音性バージョンです。

通常のアケコンよりも、50%以上の音量が軽減されています。

 

静音性モデルがほしい人は、リアルアーケードpro.v hayabusa サイレントの一択になると思います。