暇を持て余したよねのブログ

ゲーム、マンガ、お笑い、IT、ガジェットのことについて書いています。

WindowsとMacどちらを購入すべきか迷っている人に読んでほしい記事

スポンサーリンク


f:id:yone1688:20180107225744j:plain

 

「パソコンを買うとしたらWindowsとMacのどちらにすればよいのか。」

疑問に思っている人は多いと思います。

 

そんな人のために、Windwos、Macどちらのパソコンを選ぶべきかのポイントをぼくなりにまとめてみました。

興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク
 

最初に自問自答してほしいこと

f:id:yone1688:20180108141408j:plain

 

「どうしてMacの購入を検討しているのか?」

という質問を自分自身にしてみてください。

その質問の答えが

「Macを使っている方がなんとなくかっこいいから」「スタバでドやりたいから」

という人はMacの購入をやめた方がよいです。

 

「MacでないとWebサービスの開発ができない。」「使いたい動画編集ソフトがMacしか対応していない」

などのように、明確に目的がある人以外はWindowsのPCを購入することをおすすめします。

 

Windowsがおすすめな理由

f:id:yone1688:20180108141053j:plain

出典:https://blogs.windows.com/

 

ぼくは決してWindows信者ではありませんが、MacよりもWindowsをおすすめする理由を書いていきます。

 

Windowsの方が直感的に使いやすい

 

「Macは直感的な操作で使いやすい」とよく言われますが、あれは嘘です。

Macで直感的に使いやすい部分はトラックパッドだけです。

それ以外の部分については、PC初心者には結構分かりにくいことが多いです。

 

例えば、初めてMacを使うとデスクトップをどうやって表示すればよいのかも分からないと思います。

ゴミ箱は隠しファイルになっているのでgoogle先生に聞かないとまず辿りつけません。

右クリックがないのも最初は面を食らいます。

挙句の果てはシャットダウンの方法も分からなかったりします。

ある程度Windwosマシンに親しんでいる人ほど、そのギャップに苦しむかもしれません。

 

また、直感的で使いやすいトラックパッドですが、Windowsでも似たようなことをできるマシンはあります。

例えばHPから発売されているspectreシリーズのトラックパッドはMacとほとんど同じ動きをすることができます。

 

 

会社で仕事をする場合は確実にWindows

 

ぼくは社会人ですが、会社で使っているパソコンはWindowsです。

全国の会社で使われているPCの90%以上はWindowsマシンです。

会社と自宅のパソコンの動かし方が違うと、何かと不便なものです。

 

逆にMacを使っているにはWebデザイン系であったり、何かを開発していたり、新しい会社でMacを社内標準にしている珍しい会社であったりとそれぐらいだと思います。

 

Windowsでしか動かないソフトが多い

 

最近は両方のOSで動作するソフトが増えてきましたが、Windows上でしか動かせないソフトが世の中にはまだまだあります。

個人事業などをしていたらMicrosoft AccessやWindowsでしか動かない会計ソフトとかを使わないといけないシーンに出くわすことが多いかもしれません。

 

パソコン=Windowsという構図が世の中に出来上がっているので仕方のないことですね。

 

Macはいろいろカスタマイズしないといけない

 

Windwosはパソコンを購入してすぐの状態で既に完成されていますが、Macは必要最低限の機能だけあって「後は自分の使いやすいようにカスタマイズしてね」という具合になっています。

これはMacのメリットでもあるのですが、PC初心者には自力でカスタマイズするのは中々難しいです。

 

例えばパソコンに使い慣れていくと覚えるショートカットキーですが、デフォルトでの充実度についてはWindwosに軍配があがります。

Macには便利なツールが多いですが、デフォルトでの使いやすさはWindowsです。

自由に使いこなせないと本領を発揮することができない、玄人向けです。

 

Macを購入すべき人

f:id:yone1688:20180108141438j:plain

 

Windwosのメリットを説明しましたが、Macも素晴らしいパソコンです。

ここからはMacのメリットを説明しいていきつつ、どういう人はMacを購入すべきなのかを書いていきます。

 

iPhone使っているなら便利な面も

 

iPhone×WindowsよりもiPhone×Macの方が何かと便利です。

メモ帳、カレンダー、リマインダー、iCloud、AirDropなどの共有は簡単に行えます。

複数のデバイスで一つの作業ができるので、作業効率は飛躍的に上がります。

 

iPhoneアプリを開発はMacでしかできない

 

もしMac購入検討の理由がアプリ開発なのであれば、あなたはMacを購入すべきです。

iPhoneアプリを開発はMacでしかできません。

厳密にいうと開発自体はWindowsマシンでもできるのですが、App Storeにアプリを登録するのにMacが必要になってきます。

 

一方AndroidアプリはMac、Windows両方で行うことができます。

アプリ開発者はMacを選択するのが安牌ということになります。

 

Mac専用ソフトを使う予定がある

 

仲間と動画を作成する、Webサービスを開発するためにMac専用ソフトを使うことが決まっている場合はMacを購入するしかないです。

Mac、Windows両方のソフトを使う必要があるという人もMacを購入することをおすすめします。

少しレベルは高いですがMac上でWindowsマシンを動かすこともできるので。

 

最後に

 

色々と書きましたが、まだ迷っている人はいるでしょうか。

そういう人はもう一度「どうしてMacの購入を検討しているのか?」について考えてみてください。

なんとなくやデザインだけでなく、Macというパソコンで明確に何かしたいことがない人はWindows購入をおすすめします。

なんとなくの気持ちでMacを買ってしまうと、結局使いこなせずに後で後悔してしまうことが多いです。

 

デザインのよいWindowsノートパソコンも多く売り出されています。

ぼく個人の印象だとスタバでドヤるのならMacよりもDellやHPの最新機種の方が通な感じがでていいのではないかと思います。

気になる人はこちらをCHECK

デザインが良いおすすめノートPC

この記事が皆さんのパソコン選びの参考になればうれしいです。