暇を持て余したよねのブログ

ゲーム、マンガ、仕事の話が中心です。

【書評】絵で見てわかるoracleの仕組み

 

本から学べること

 

Oracleのアーキテクチャについての本です。

アーキテクチャ、つまり、

Oracleがとういう風に動いているのか、仕組みについて書かれている本です。

「Oracleがどんな動きをしているかは知っているが、仕組みまでは理解していない。」

「ここの仕組みが、なんとなく腑に落ちない。」

と、日々の業務で感じている人の理解を助けてくれる一冊になるはずです。

 

 

この本を読むと、例えば、以下のようなことが理解できるようになります。

 

  • キャッシュはどうして必要なのか
  • レスポンス速度を上げるために、どのようにしてキャッシュに乗せるデータを決めているのか
  • Oracleが起動、停止するときどのようなファイルをどう使うか、どのような依存関係になっているか
  • データベースにはどうしてロックが必要なのか
  • バックアップ、リカバリの仕組み。
  • バックアップ、リカバリをするためには日々どういうデータを残しておく必要があるのか

 

また、sqlplusや、SELECT等のコマンドのたぐいを説明する本ではないので気を付けてください。

 

対象読者

 

この本の「はじめに」で、対象読者について以下のように記述されています。

 

知識の前提は、「基本的なSQL文(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE/COMMIT/ROLLBACK)」を知っていることです。もう少し細かく言うと、SELECT文における表の結合と、変更されたデータはCOMMIT文で確定し、ROLLBACKで取り消されるということを理解している方であれば十分です。

  

ぼく個人が本を読んだ感想としては

「以下の言葉を聞いたことがあるけれど、人に説明する自身はないなあ」というレベルの人向けだと思っています。

 

  • プロセス
  • スレッド
  • インデックス
  • フォアグラウンドプロセス
  • バックグラウンドプロセス
  • バッファキャッシュ
  • 共有メモリ
  • 共有プール
  • オプティマイザ
  • 統計情報
  • 表領域
  • インスタンス
  • リスナー
  • REDOログファイル
  • UNDOログファイル
  • トランザクション
  • ロールフォワード
  • ロールバック

 

 社会人歴、Oracle歴2年目くらいの人が読むのに適してるのではないでしょうか。

 

 

 

New ニンテンドー2DS LLってどうなの? 今から3DSを購入する人に読んでほしい記事

2017年7月13日に「New ニンテンドー2DS LL」(以下New 2DS)が発売されました。

下の動画は任天堂の紹介映像です。

 

www.youtube.com

 

この記事を読んでいるということは、New 2DSの購入を検討しているのでしょうか。

この記事では、New 2DSの基本的な情報、どの3DSを購入するのがよいのかについて書いています。

 

 

New 2DSの基本情報

f:id:yone1688:20170716153858j:plain

出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

New 2DSの基本情報について、気になる仕様をまとめてみました。

比較するために、タイプが似ているNew 3DS LLの情報も載せています。

 

  New 2DS New 3DS LL
希望小売価格(税別) 14,980円  18,800円
画面サイズ(インチ) 上:4.88 下:4.18 上:4.88 下:4.18
重さ 260g 329g
バッテリー 3時間30分 3時間30分

 

上の表を見てわかるようにNew 2DSとNew 3DS LLの仕様はほぼ一緒です。

New 2DSのほうが少し軽いので使い勝手は向上していますね。

ですが、希望小売価格はNew 3DS LLの方が4,000円ほど高い結果となっています。

 

この価格の差はずばり、3D機能があるかないかの違いです。

 

3D機能の必要性について

 

結論から言うと、通常プレイにおいて3D機能は全く必要ありません。

ぼくは、3DS持っているのですが、3D機能を使ったのは買って最初の1、2回だけです。

最初は珍しいので使ってみるのですが、実プレイ時ではほとんど使いませんね。。。

 

また、3D機能がなくても3DSのほとんどのゲームソフトをプレイすることができます。

ゲームを通常プレイするだけなら、3D機能は必要ありません。

もちろん、「3D機能を使ってゲームをプレイしたい!!」という人にとっては必須の機能になります。

 

スポンサーリンク
 

結局どれを買うべきか 

 

まず、3D機能がいらない人

価格を気にせず一番いいものがほしい人はNew ニンテンドー2DSLL

最も安価なものがいい人は2DS

 

3D機能がどうしてもほしい人については

画面が大きいNew 3DS LLがおすすめです。

 

ニーズに合わせて最適な3DSを購入していただけると嬉しいです。

 

3DSのそれぞれの詳細は、下記を参考ください。

 

 

 

 

 

【厳選】 3DSのおすすめRPGゲームソフトを紹介するよ★☆

 

この記事では、3DSのおすすめRPGゲームソフトを紹介しています・ 

 

スポンサーリンク
 

 

ポケットモンスター

f:id:yone1688:20170712211612p:plain

出典:http://www.pokemon.co.jp/

 

3DSを買ったらまず遊んでほしいRPGがポケモンです。

ポケモンは子供用のゲームで、RPGとして認識されていない人が多いかもしれませんが、ドラクエ、FF、に次ぐ日本が誇るRPGの一つです。

 

3DSではいくつかの作品が発売されていますが、2016年に発売された最新作のサン・ムーンと2002年に発売されたルビー、サファイアのリメイク版の2種類が特におすすめです。

 

サン・ムーンの舞台アローラ地方では、今まで登場していたポケモン達の見た目が少し異なって登場します。

アローラ地方でしか見られないポケモンの姿に新鮮さを感じ、ポケモン集めが一層楽しくなります。

 

f:id:yone1688:20170712212039p:plain

出典:http://www.pokemon.co.jp/

 

リメイク版のオメガルビー、アルファサファイアでは、新システムのメガシンカが加わっていて、オリジナル版よりも格段にパワーアップしています。

もちろん、自分だけの秘密基地、マグマ団やアクア団、ライバルのミツルといった懐かしい内容は今作でも健在です。

GBAでルビー、サファイアをプレイした人にとっては、もう一度大冒険の思い出をなぞるいい機会だと思います。

 

 

 

ドラゴンクエスト リメイク

 

3DSではドラゴンクエスト7、8の二つがリメイク作品として発売されています。

どちらも名作で、おすすめです。

 

シリーズ最大ボリュームと名高いドラクエ7。

3DSだと好きな時間にさっと遊べるのがうれしいですね。

また、グラフィックが一新されているので、より臨場感のある世界で冒険が楽しめます。

 

f:id:yone1688:20170712213003j:plain

出典:http://www.dragonquest.jp/

 

ドラクエ8では、広大な美しい世界に心を奪われ、夢中で冒険をした人は多いのではないでしょうか。

3DS版では新しくボイスも搭載されているので、その世界により一層引き込まれます。

また、新ダンジョンや新敵「ジャハガロズ」も追加されていてやり込み要素抜群の内容となっています。

 

f:id:yone1688:20170712213326j:plain

出典:http://www.dragonquest.jp/

 

ドラクエは定番かもしれませんが、定番なだけにはずれません。

遊びたいRPGがなかなか見つからないときは、原点に帰る気持ちでドラクエを手にとってみてはどうでしょうか。

 

 

 

アライアンス・アライブ 

f:id:yone1688:20170712214236p:plain

出典:http://alliance-alive.jp/

 

フリューから発売された渾身のタイトル。

古き良きJRPG、あの頃のRPG体験をプレイヤーに感じてもらうベく、開発された作品です。

 

舞台は人間と魔族が入り乱れる世界。9人の主人公たちの運命は、やがて一つの物語、結末になっていく。

というありがちなストーリーですが、これが非常にすばらしく、古き良きRPGを思い出させてくれます。

 

f:id:yone1688:20170712214637j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

船や空飛ぶ乗り物を手に入れることで、新しい場所に行けるようになる。

 

プレイヤーの選択で、どちらか一方のルートしか選べない。

フィールドを歩いていると、急に強いモンスターに遭遇してしまう、などなど

定番ですが、あのころのRPGを思い出させてくれる要素が満載です。

 

これこそがJRPGというようなものを体現した作品です。

宣伝があまりされていないので知らない方が多いゲームかもしれませんが、間違いなく名作です。

 

 

世界樹の迷宮 

f:id:yone1688:20170712221800j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

本シリーズ最大の特徴は、プレイヤーが自らタッチペンでダンジョンマップを書き、そのマップを頼りに冒険を進めていくことです。

出来上がったダンジョンはプレイヤーによって全く異なったものとなるのが楽しかったり、そもそも、自分でダンジョンマップを作るという行為そのものに楽しさを感じます。

DSのタッチペン機能を見事に生かした作品です。

 

www.youtube.com

 

戦闘は一般的なターン性。

キャラクターにはそれぞれ職業があり、得意な戦い方があります。

という風に、ダンジョンマップを自分で書くこと以外は、シンプルな伝統的RPGのシステムになっています。

 

3DSからは世界樹の迷宮シリーズはいくつかでていますが、おすすめは『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』です。

 

シリーズ最新作の『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』は、過去作品と比べて難易度は低めに設定されています。

「難しいRPGはちょっと。。。」という人におすすめです。

また、キャラクターや音楽は完成度が高く、世界樹シリーズ初めての人にはとっつきやすい作品になっています。

 

 

『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』は、ストーリー、ゲームバランスともにシリーズを通して屈指の仕上がりになっており、やりごたえのRPGです。

2012年発売のソフトで、少し古いですが興味のある方、RPGに自身のある方はぜひ挑戦してみてください。

 

 

ラジアントヒストリア パーフェクトテクノロジー

f:id:yone1688:20170712221059j:plain

出典:http://radianthistoria.jp/

 

2010年にDSで発売された『ラジアントヒストリア 』のリメイクプラスとなる作品。

通常のシナリオに「亜伝」が追加されていて、ボリューム満点です。

 

ラジアントヒストリアは、基本的には王道ファンタジーRPGという感じですが、 タイムトラベルを繰り返しながらストーリーの様々なルートを辿っていくのが特徴的な作品です。

とあるルートで死んでしまった仲間を、タイムトラベルをすることで救出し、歴史を塗り替えていきます。

 

戦闘はターン性ですが、少々癖があるようです。

敵キャラクターは縦、横それぞれ3×3マスに配置されていて、同じマス目にいる敵モンスターには同時にダメージを与えることができます。

バトルシステムの紹介動画がありますので参考にどうぞ。

 

www.youtube.com

 

フィールド、戦闘シーンのグラフィックがドット絵で描かれたいるところも最近のゲームソフトでは珍しいですね。

3DSを持っているなら、やっておいて損はない作品だと思います。

 

 

【ニンテンドースイッチ】おすすめゲームソフトまとめて紹介!! ~定番から隠れ名作まで~

 

据え置き型、携帯型の二つのスタイルで遊ぶことができるニンテンドースイッチ。

その性能を生かした様々なゲームソフトが発売されています。

 

この記事では、ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフトを定番から隠れ名作まで紹介します。

紹介しているゲームソフトはすべて発売されているものなので、今すぐにでも遊ぶことができます。

 

それでは行きましょう。 

 

スポンサーリンク
 

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

f:id:yone1688:20170702133441j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年3月3日
発売元 任天堂
プレイ人数 1人
CERO B(12歳以上対象)

 

「ゼルダの当たり前を見直す」というコンセプトの元、開発された作品。

今作はオープンワールド形式になっており、ゲームの進行具合に関係なくシームレスに様々な場所に行くことができます。

 

本作の売りは、なんといっても自由度の高さ。

遠くに見える山。大抵のゲームでは行くこともできそうにない場所にも、今作のゼルダでは行くことができます。

普通ならぶつかって壁になってしまうような崖もリンクは素手でガツガツと登っていきます。

ゲーム特有の、いわゆる見えない壁はよほど存在していません。

 

ゲームの楽しさもさることながら、グラフィックが綺麗なことも今回のゼルダが大ヒットした大きな要因です。

PS4のグラフィックの高さには及ばないかもしれませんが、繊細な明暗で表現された景色に気づいたら見とれていることがよくあります。

 

f:id:yone1688:20170702133858j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

美しい景色が広がる世界で自分だけの物語を作れるのが今作のゼルダです。

時間を忘れてゼルダの世界に没入する人が続出しているゲームです。

まだプレイしていない人は、ぜひチェックしてください。

 

 

マリオカート8デラックス

f:id:yone1688:20170702134311j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年4月28日
発売元 任天堂
プレイ人数 1~8人
CERO A(全年齢対象)

 

wiiuで発売されたマリオカート8の完全移植版。

8で追加された全てのDLC、新キャラ、新アイテム新バトルルールが入ったデラックスなバージョンです。

 

今作ではアイテムが2つ持てるようになっており、ハチャメチャ感が増しています。

甲羅も今まで以上に飛んできます。

 

ドリフトの機能には、新しくウルトラミニターボが追加されました。

通常のミニターボよりも、チャージ時間を必要とするため使えるカーブは限られてきます。

何度もゲームをプレイし、コースを覚えることが重要になりそうですね。

 

遊び場所を選ばないスイッチと、マリオカートの相性は抜群です。

スイッチを持っているなら、必ず持っておきたい作品の一つです。

 

 

みんなでワイワイ スペランカー

f:id:yone1688:20170709133844j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年4月20日
発売元 スクウェア・エニックス
プレイ人数 1~4人
CERO A(全年齢対象)

 

ファミコン時代に最も難しいゲームの一つと称された『スペランカー』シリーズの最新作。

ニンテンドースイッチでは、ポップなグラフィックで気軽にプレイしやすいようになっています。

 

些細なことで死んでしまうゲーム性は、当時のまま。

ですが、遊びやすい難易度になっているので当時ほど心が折られることはないはずです。

 

協力プレイは最大4人まで一緒に遊べます。

その名の通り。みんなでワイワイスペランカーを楽しみましょう。

 

 

聖剣伝説コレクション

f:id:yone1688:20170702170447j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年6月1日
発売元 スクウェア・エニックス
プレイ人数 1~3人
CERO B(12歳以上対象)

 

聖剣伝説1、2、3が収録された作品。

聖剣伝説ファンにとっては待ちわびていた祖ソフトではないでしょうか。

 

移植完成度は高く、当時の操作感に近いです。

逆に、ぎこちなさを感じる部分もあり、最近のゲームに慣れている人にとっては若干操作しづらいかもしれません。

 

アクションRPGの草分け的タイトルでもある聖剣伝説シリーズ。

その面白さは、今の時代でも色褪せていません。

聖剣伝説を知らなかった人にも、ぜひ遊んでほしいです。

 

 

魔界戦記ディスガイア5

f:id:yone1688:20170702171500j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年3月3日
発売元 日本一ソフトウェア
プレイ人数 1人
CERO B(12歳以上対象)

 

日本一ソフトウェアから発売されている史上最凶のシミュレーションRPG。

ポップなキャラと突っ込みどころ満載のシナリオは今作でも健在です。

 

独特なゲームシステムも、ディスガイアシリーズに多くのファンがいる理由の一つです。

仲間や敵を持ち上げて投げるなどの変わったゲームシステムは、ほかのSRPGではあまり経験することができません。

 

 

ARMS

f:id:yone1688:20170702191812j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年6月16日
発売元 任天堂
プレイ人数 1~4人
CERO A(全年齢対象)

 

任天堂から発売された新感覚の格闘スポーツゲーム。

プレイヤーの動きとゲームのキャラクターが連動する体感型のゲームです。

 

子供向けゲームのような印象とは裏腹に難易度は高め。

思ったところにパンチが打てるようになるまで時間がかかりますが、

腕を自由に使い、相手をボコボコにできたときの快感はたまりません。

 

ARMSにはストーリーモードはなく、対戦が中心のゲームです。

オンライン対戦も充実していて、1対1、2対2のチーム戦などが遊べます。

相手との間合いの取り方、読みあいが楽しく次世代の格ゲーになる予感がします。

 

友達や家族、オンラインで世界のプレイヤーと熱いバトルを繰り広げましょう。

 

 

ドラゴンクエストヒーローズI・II

f:id:yone1688:20170702215933j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年3月3日
発売元 スクウェア・エニックス
プレイ人数 1~2人
CERO B(12歳以上対象)

 

ドラゴンクエスト + 無双ゲーム

ドラクエの歴代の戦士たちを自由に動かせる夢のようなゲームソフトです。

 

やり込み要素こそありますが、ゲームの操作はそれほど難しくないので、ゲームに慣れていない人でも楽しめます。

ドラクエらしく、謎解きやレベル上げ要素もあるのも魅力の一つ。

 

本作品は、PS4で発売された『ドラゴンクエストヒーローズ』の1と2に追加要素が盛り込まれた豪華なソフトです。

ドラクエが好きな人、無双が好きな人にプレイしてほしい作品です。

 

 

ウルトラストリートファイターⅡ

f:id:yone1688:20170704154848j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

発売日 2017年5月26日
発売元 カプコン
プレイ人数 1~2人
CERO B(12歳以上対象)

 

格ゲーの原点ともいえる『ストⅡ』のリメイク?ともいえる作品がニンテンドースイッチで登場しました。

その名も『ウルトラストリートファイターⅡ』

 

『スーパーストリートファイターIIX』で登場したキャラクターに加えて、殺意の波動に目覚めたリュウ洗脳されたケンを加えた19人をプレイすることができます。

 

本作では、リファインされた綺麗なグラフィックと懐かしいドット絵の2つのグラフィックを選択して遊ぶことができます。

リアルタイムでストⅡをプレイしていた人にとって、ドット絵のキャラ達は懐かしいのではないでしょうか。

 

f:id:yone1688:20170704154801p:plain

出典:http://www.capcom.co.jp/

 

ウルⅡはオンライン対戦にも対応しています。

が、現時点(2017/07/04)ではラグがひどくガチ格ゲー勢には、少々ストレスなることも。

発売直後のオンライン環境が良くないのはもはや格ゲーあるあるなので、今後の改善に期待しましょう。

 

 

関連記事

 

 

 

 

【PS4】面白い格ゲー5本紹介

 

みなさん格ゲーしてますか?

ぼくはよくプレイするんですけど、下手の横好きでいつも負けてばかりです。。。

 

そんな格ゲーマー底辺のぼくが、PS4でおすすめの格ゲーを紹介します。

紹介するソフトは5本と少ないですが、本当におすすめできるソフトを厳選したらこうなりました。

ちなみに、ソフトを厳選した基準は、ゲームシステム、インターネット対戦環境、シリーズとしての進化性、等々です。

 

それでは行きましょう。

※2017/06/07更新

 

スポンサーリンク
 

 

鉄拳7

f:id:yone1688:20170607225757j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

3D対戦格闘ゲームの雄、鉄拳7が家庭用ゲーム機として登場しました。

読みあいの選択肢、コントローラーの使い方が2D格ゲーとは異なってきます。

 

オフラインモードでは、イージーモードではワンボタンでコンボがつながったり、必殺技が出せたりするので、エンジョイ勢でも爽快感を味わうことができます。

また、ギャラリーモードでは、鉄拳1~鉄拳6までの映像をすべて振り返ることができるのでシリーズファンにとってはたまらない作品になっています。

 

今作のバトルシステムの大きな特徴として、体力が減ることにより突入するレイジ状態があります。

レイジ状態では強力な必殺技が出すことができるので、不利な状況からでも一発逆転を狙えます。

3D格ゲーは体力ゲージのみが主流なので、このように体力の減少により強い技が出せるのは珍しいです。

 

とはいえ、

鉄拳シリーズとしてはいつも通りという感じで、コンボを決める爽快感は今作でも健在です

 

 

今作で、鉄拳シリーズのストーリーが完結しました。

格ゲーとしての鉄拳を楽しんでいる人はもちろん、三島親子のストーリーのラストが気になる人にも、ぜひ遊んでほしい作品です。

 

 

※鉄拳7について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

『鉄拳7』 評価/レビュー 鉄拳ナンバリングシリーズとして順当なパワーアップ!!

 

ストリートファイターⅤ

f:id:yone1688:20170209214138j:plain

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aMgm1CTnC18

 

格ゲーといえばストリートファイター

その心は今も昔も変わっていません。

 

細かなシステムはウルⅣから色々変わっていますが、大きくは下の2つかなと思います。

 

1つ目は環境の変化によって実力が発揮できないことの改善です。

ストⅤでは、1F以内のコマンド入力が求められる目押しコンボの難易度が緩和されています。

インターネットでの対戦が盛んになっている時代を考慮したのだと思われますね。

 

2つ目はゲームバランスがよく、読み合いに重点が置かれたことです。

ウルⅣでは、出し得と言われるような必殺技が存在しており、「適当に強い技を出していればなんとなく勝てる」みたいなことがありました。

ストⅤでは攻撃のリスク、リターンがよく考えられていて、今までよりもゲームバランスは仕上がっています。

 

 

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR

f:id:yone1688:20170209224621j:plain

出典:http://www.jp.playstation.com/

 

このゲームの魅力は高速で展開されるコンボゲー。

起き攻めで一方的な展開

多段コンボでゲージを削ってKO

ということはよくあります。

 

「コンボゲーってことは初心者にはハードル高いんじゃない?」

って思う人がいるかもしれません。その考えは間違っていません。

正直、コンボを覚えるまでは負け続けてしまうと思います。

ですがチュートリアルが充実しているので、コンボゲーの中では初心者にやさしいという部類かなあと思います。

 

 

ギルティギアは格ゲーとして素晴らしいだけでなく、ストーリーやアニメーションが充実しているのでキャラ愛が湧きやすいのも特徴です。

お気に入りのキャラをを見つけて、思い通りに動かすのも格ゲーの醍醐味の一つですよね。

 

f:id:yone1688:20170210152614j:plain

出典https://www.amazon.co.jp/

 

 

ちなみに、EVO2017の種目となるのは最新作のGUILTY GEAR Xrd REV2です。

GUILTY GEAR Xrd REV2はまだ発売されていませんのでご注意を。 

プロモーション映像は下記をご覧ください。

 

www.youtube.com

 

 

 

BLAZBLUE CENTRALFICTION

f:id:yone1688:20170205221047p:plain

出典:http://www.jp.playstation.com/

 

上で紹介したギルティギアと同じ販売元でもある、ARC SYSTEM WORKSから発売されています。

ギルティギアのゲームシステムをベースに色々と要素が追加されているので似通っている点は多いですが、ボタンひとつで必殺技が出せるドライブがあったり、バリアゲージがあったりと差は色々あります。

 

プレイしてみた感想としては、ギルティギアよりはゲームスピードは若干遅め、コンボ要素に重点が置かれているというのがこのゲームの印象です。

 

ブレイブルーもストーリーやアニメーションが充実しているので、お気に入りのキャラを見つけやすいゲームです。

ギルディギア、ブレイブルーで買うのを迷ったら、キャラデザインで選んでみるのもアリだと思います。

 

f:id:yone1688:20170210161352j:plain

出典:https://www.youtube.com/watch?v=weXS2i0-OkU

 

ただ、強くなるために覚えないといけないゲームシステムが多かったり、コンボを覚えるためのチュートリアルが充実していなかったりするので、初めての格ゲーとしてプレイするには少しおすすめできないかもしれません。

 

 

THE KING OF FIGHTERS XIV

f:id:yone1688:20170210162857j:plain

出典https://www.amazon.co.jp/ 

 

中毒性の高い格ゲーです。

ゲーセンでおっさんやヤンキーと勝負したあの頃を思い出せる格ゲーNo1だと思います。

PVを見ていただけるとその意味がわかるかと。

 

www.youtube.com

 

 

ゲームシステムはストリートファイター風の基本的なもの。

今作では、□ボタンを連打するだけでコンボがだせたり、強い技を適当に出すだけでもなんとなく勝てるので、初心者におすすめです。

 

EVOに選出されているのでガチ勢が多くいるゲームなのは確かですが、友達と集まってワイワイプレイするのにも向いています。

「やっぱりゲームは楽しんでなんぼ!」と思っている人に是非プレイしてほしいです。

 

個人的におすすめ度のかなり高い格ゲーなんですが、PS4とはおもえないグラフィックのしょぼさが唯一心残りです。

 

 

最後に

 

今から格ゲーを始めようと思っている人や、今プレイしているソフトから新しいものに乗り換えようと思っている人の参考になればうれしいです。

さあ、格ゲーを始めましょう。